So-net無料ブログ作成
検索選択
★根性論を脱し、PDCAサイクルを回して会社の持続的な成長につなげる手法は「こちら」をご覧下さい。
★中小企業のためのPDCA実践講座
超キャッシュフロー経営 ブログトップ
前の5件 | -

100リストから考える20年ビジネス戦略会議 [超キャッシュフロー経営]

ヒーズ株式会社の岩井徹朗です。

「定期的にストックで確認せよ」ってどういう意味ですか?

「お金には必ず色がついている」の色とはなんのこと?

「体制」「体勢」の違いは?


先日ある経営者と打合せしている際、

「超キャッシュフロー経営」実現のための
100の実践チェックリスト(以下「100リスト」)

に関して質問のあった項目の一部です。


100リストは私が実際にコンサルティングの現場で
お伝えしている内容です。


ただ、人によって言葉の辞書は異なります。

このため、同じ「事業計画」という言葉を使っても
私の考える「事業計画」と
クライアントさんがイメージしている「事業計画」とでは
微妙に違いがあります。


直接お会いする際には

・チェック項目が必要とされる理由

・会社に則した具体的な対応策

・他社で実際にあった事例

なども含めてお話しています。


このため、クライアントさんからも

「『下から作る』ことは頭では理解していたつもりでしたが、
 何もわかっていなかったことを知りました。」

変動費固定費の考えがとても腑に落ちました。」

という声をいただいております。


一方で、チェックリストは項目だけしか記載していないため、
単に冊子をお渡してお読みいただくだけでは
お伝えしきれない部分があるのも事実です。


そこで、今回

「100リストから考える20年ビジネス戦略会議」

として、100リストに関するご質問や疑問に
ざっくらばらんにお答えする場を設けました。


その第1回目を再来週4月23日の14時から開催します。

・日時:平成27年4月23日(木) 14:00~16:00 (13:45受付開始)

・場所:四ツ谷ビジネスラウンジ
     東京千代田区麹町6-2-6 ユニ麹町ビル4階
  
・参加費: 3,000円

・人数:先着2名様
↓ ↓ ↓
★詳細は「こちら」をご覧下さい。


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

会社の真の成長とは? [超キャッシュフロー経営]

会社が成長するというと、どんなイメージでしょうか?

普通、右肩上がりをイメージします。

売上が上がる、利益が上がる、社員が増える・・・。


でも、実際ご自身の人生を振り返ってみるとどうでしょうか?

いつも順風満帆、右肩上がりでしたか?

ずっと順調というのは羨ましいですけど、
そんな状態ばかりではありません。


会社だって一緒なんだと思います。

たとえ、売上が半分になっても会社の事業を続けていける
それこそが会社にとって真の成長です。


手元の現金はどのくらいあるのか。

持っている経営資源をフルに活用できるか。

やるべきことの組合せを積み重ねることで、
真の成長があると思っています。


5年前の自分に比べて成長してませんか?

半年前、1ヵ月前と比べたって、
ご自分の成長を実感されていると思います。


等身大の自分と向き合ってそれを素直に認められるか。

それは個人も会社も一緒。

数字が増えていることだけが成長ではありません。


20年会社が成長を続けるための100の実践チェックリスト
「こちら」です。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

100の実践チェックリストがダウンロードできます! [超キャッシュフロー経営]

「売上はあるのに思ったよりは現金が残っていない」

「今月いくらまで先行投資に充てていいのか分からない」

「長年の勘でなんとなく数字を把握しているが、
 漠然とした不安がある」

その対応策がここにあります。

みずほ銀行中小企業から大企業まで
1,000社以上の融資サポートしてきた
中小企業専門のキャッシュフロー経営コンサルタント
岩井徹朗がコンサルティングの現場で指導している
100の実践チェックリストです。
↓ ↓ ↓
無料ダウンロード「こちら」です。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

新年のご挨拶 [超キャッシュフロー経営]

新年明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

        ヒーズ株式会社
        代表取締役 岩井徹朗



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

社長が在庫を増やしたい理由とは? [超キャッシュフロー経営]

売上高17億円の会社で在庫が5億円。

年商の三分の一近い在庫があるので、普通は

「もう少し在庫を減らしたほうがいい」

というアドバイスされます。


でも、その会社の社長は、

「お金に余裕があればもっと在庫を増やしたい」

と考えておられます。

なぜだかお分かりになるでしょうか?



nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事
前の5件 | - 超キャッシュフロー経営 ブログトップ
■メルマガ
口座残高に経営判断が影響されない安定した経営を実現するためのメルマガ「【UCF】超キャッシュフロー経営通信」の詳細は「こちら」 → http://bit.ly/heeze_ucfmaill
■ HP
成長支援部作り → http://www.basis01.com/
■ Facebookページ
社長の頭の中にしかないことは、言語化、数字化してこそ価値がある → https://www.facebook.com/heeze2006

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。