So-net無料ブログ作成
検索選択
★根性論を脱し、PDCAサイクルを回して会社の持続的な成長につなげる手法は「こちら」をご覧下さい。
★中小企業のためのPDCA実践講座
資金調達 ブログトップ

銀行交渉担当者を育てます [資金調達]

今年から新たに、

「銀行交渉担当者育成サービス」

を開始しました。



お忙しい社長に代わって、
銀行員で実務経験も豊富な私が
あなたの会社の経理担当者を
銀行交渉できる担当者に育てます。

個人経営から一歩抜け出すチャンスです!

保証人なしの借入に向けて [資金調達]

こんにちは、ヒーズ株式会社の岩井徹朗です。

株式上場が決まった
会社の社長のインタビュー。

「ようやくこれで借入金の保証が外れる」

とほっと一息される場面を
何回か見たことがあります。


やはり、経営者にとって、

========
借入金の保証
========

というのは頭の痛い問題です。


長年資金繰りで苦労してきた経営者が、
少なくとも一個人としては
債務問題から解放されるというのは
やはり感慨深いものなのだと思います。

・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━━・

弊社のように

株主(100%)=経営者=実務執行者

の場合は、

会社も個人も結局は一緒なので、
保証人になろうがなるまいが、
結果は同じです。


しかし、中小企業の中にも

・株主と経営者が異なるケース

・経営者と実質的に日々の実務を
 行う人が別のケース

はあります。


それでも、ほとんどの場合
銀行から融資を受ける際には
代表取締役は借入金の連帯保証人に
ついて(つかされて?)います。


今年の法律改正で

銀行などが中小企業などにお金を貸す時に、
経営者以外の第三者の個人連帯保証を
求めないことを原則とする

が決まりました。


大きな一歩と言えますが、
経営者の保証の問題はまだ未解決です。

・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━━・

銀行が経営者の連帯保証を
求めるのは、

会社がお金を返せなくなった時に
個人から回収する

という主旨。


もちろん、
経営者が莫大な資産を持っている時は
保証人として徴求する意味はある
と思います。


けれども、
会社がこれから成長していくという時、
経営者が必ずしも資産家とは限りません。


この場合、
何らかの事情で会社の経営が行き詰まり、
借入金が返せなくなった時、
債務者が会社から個人に代わるだけ。


経済合理性から考えた場合、
たとえ個人保証を取っていても
お金の回収率がそれほど上がる
とは思えません。


また、経営を立直しする際、
借入金の保証人問題がネックとなり、
経営者の交代に時間がかかるという
ケースもあります。


しかし、日本では残念ながら
会社が無保証で金融機関から
借入できるケースはまだまだ少数です。


中小企業も保証人なしで
必要なお金を必要な時に借りる
ことができる時代。


そのためには、
まず個々の会社自身が

============
きちんと借りたお金は
きちんと返せる会社である
============

ことを実績で示し、

==============
信用を一つ一つ積重ねていく
==============

しかありません。


お堅い銀行の姿勢を変えるのは
なかなか難儀なことですが、

千里の道も一歩から

で頑張りたいと思います。


初めて銀行融資を申込む前に
 つかんでおきたいポイントが分かる
 資金繰りセミナー

 「『お金』が回る会社の作り方」

 の詳細&お申込は「こちら」をご覧下さい。

 →■URL : http://2od.biz/68anruLS

資金調達 ブログトップ
■メルマガ
口座残高に経営判断が影響されない安定した経営を実現するためのメルマガ「【UCF】超キャッシュフロー経営通信」の詳細は「こちら」 → http://bit.ly/heeze_ucfmaill
■ HP
成長支援部作り → http://www.basis01.com/
■ Facebookページ
社長の頭の中にしかないことは、言語化、数字化してこそ価値がある → https://www.facebook.com/heeze2006

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。