So-net無料ブログ作成
検索選択
★根性論を脱し、PDCAサイクルを回して会社の持続的な成長につなげる手法は「こちら」をご覧下さい。
★中小企業のためのPDCA実践講座

店舗集客を商圏とソーシャルメディアから [営業]

ヒーズ株式会社の岩井徹朗です。


先月開催したセミナーの中で、

「この飲食店はなぜ3ヵ月で
 資金繰りが回らなくなったのか?」

というケーススタディをやってもらいました。


ご参加いただいた方々のご回答の中で
一番多かったご意見は、

「料理がまずかったから!」

でした(笑)。


もちろん、飲食店で

料理が美味しくない

のは致命的。

まずい店は遅かれ早かれ廃れていきます。


一方、銀行が融資を検討する際、

料理が美味しいか、まずいか

までを含めて判断することは事実上無理。


銀行が融資を決める際に

料理が美味しいか、まずいか

よりも、重視しているのは
==================
経営者が数字を分かっているかどうか
==================
です。


そして、

数字が分かっているかどうか

を判断する際の決め手の一つが
===========
集客ができるかどうか
===========
です。


私もいろいろな店舗を見てきましたが、

「ウチの料理は美味いんだから
 黙っていても客は必ず来てくれる」

「カットの腕なら誰にも負けない」

という考えに固執し、

集客に関して手を抜いているお店は
ことごとく失敗

しています。


さて、11月14日に私の知人が開催するセミナー
====================
集客の達人が伝える
「商圏を理解して儲かる仕組み作りと
ソーシャル+スマホの新たな3つの知恵」
====================
があります。


【セミナー概要】

日時:11月14日(木)13:30~16:00(13:15受付開始)
  
第1部 

『商圏を理解して地域一番店になる方法と儲かる仕組み作り』
         
講師:株式会社アダチファクトリー
   代表取締役 萩部健次
       
1.これからの店舗経営と商圏分析について
       
2.お店の強みをアプローチする方法
       
3.店舗コンセプトの見つけ方
       
4.儲かるポジションの作り方
       
5.最強のプロモーション方法
       
6.消費税に負けない店鋪の作り方


第2部       

『スマホユーザー5割超で激変する店舗PR、集客戦略』

講師:株式会社ソーシャルメディアマーケティング
   代表取締役 菅野弘達
      
1.スマホユーザー5割超で激変する店舗PR、集客戦略
    
2.失敗例と成功例で明確、Facebook店舗集客活用事例紹介
    
3.“投稿がカギ”ソーシャルメディアのコミュニケーション基礎

定員:30名

参加費:6,000円
     
会場:ちよだプラットフォーム 402号室
   東京都千代田区神田錦町3‐21

【お申込はこちら】
 ↓ ↓ ↓
http://bit.ly/syukyaku_131114


講師の萩部先生も菅野先生も
私が日頃からよく存じ上げています。


萩部先生は学生時代に後楽園スタジアム
(現東京ドーム)の売り子販売で
2年連続売上No.1を達成して以来、
社会人になってからも数々の売上No.1を
達成されている営業の達人。


菅野先生は富士銀行(現みずほ銀行)等を経て
現在は大妻女子大学で、
大妻マネジメントアカデミー講師を勤められるなど、
ITやSNSのプロフェッショナル。

主宰されている「ソーシャルメディア集客実践会」は、
飲食、美容・理容店を中心に
約1,000店が加盟されています。


今回はお二人の得意分野である

商圏分析



ソーシャルメディアマーケティング

を中心にお話されます。


なお、参加費は6,000円ですが、
私からの紹介ということでお申込いただくと

6,000円→4,000円

でご参加いただけます。

【お申込はこちら】
 ↓ ↓ ↓
http://bit.ly/syukyaku_131114


私も当日セミナーに参加しますので、
会場で見かけたらぜひお声かけ下さい。


店舗を運営していく場合、

お店の周りにはどんな人がいるのか

が分かっていないとトンチンカンな集客になります。


また、今やスマホユーザーが5割を越えようという時代。

Facebookのようなソーシャルメディアを
有効に活用しないと集客も上手くいきません。


集客では何をやるべきなのか。

これは

会社のお金を何に使ったらよいのか

の基本になる部分です。


店舗経営者の方は、ご都合がよろしければ
====================
集客の達人が伝える
「商圏を理解して儲かる仕組み作りと
ソーシャル+スマホの新たな3つの知恵」
====================
にご参加いただければと思います。

【お申込はこちら】
 ↓ ↓ ↓
http://bit.ly/syukyaku_131114

(紹介者の欄に「岩井徹朗」と私の名前を
お書きいただければ、参加費が4,000円になります。)


ところで、ある飲食店の経営者に
お話をお伺いしたところ、
一連の食材偽装問題に関連して、
テナントのオーナー側から

「食材の表示に問題ないか」

「『新鮮』、『直送』、『〇〇産』は
 きちんと証明できるものなのか」

もう一度見直しするよう通達があったそうです。


店舗経営者もやることがもりだくさんですね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

銀座のママへの提案書? [営業]

こんにちは、ヒーズ株式会社の岩井徹朗です。

私は

事業計画や資金繰りの観点から
クライアントさんの問題を解決する

というアプローチです。


しかし、資金繰りの問題も突き詰めていくと

どうやって利益を上げるか?
 ↓
どうやって売上を上げるか?
 ↓
どうやって見込み客を集めるか?

というように、最後は必ず

集客

の問題に行きつきます。


そこで、弊社では

株式会社アダチファクトリー様が主催される
店舗型ビジネス集客セミナー
====================
儲かる仕組みで「繁盛店」になる方法
http://bit.ly/heeze_seminar_130906
====================
を後援させていただくことになりました。


今回講師を務められる萩部健次先生は
株式会社アダチファクトリーの代表取締役。


同社は元々は印刷会社さん。

しかし、昨今価格競争が厳しい中、

印刷業1本だけでやっていくのはなかなか厳しい

のが現状です。


そこで、
5年前に代表取締役に就任された萩部先生は
商工会議所の講師としてセミナー活動に従事される他、
サービス業を中心とした集客支援や
女性に特化した販売支援など
コンサルティング業にも力を入れておられます。


私が萩部先生を

「すごいなあ」

と思ったのは

銀座のママにある提案をされた

話を聞いた時のことです。


ご多分にもれず、銀座のクラブも

どうやってお客さんを集めるか?

で苦労されています。


そこで、萩部先生は

・銀座のママの強みは何か?

・それを今必要としているのはどんな人か?

という観点から

私などは思いもつかないようなご提案をされた

のです。


答をお知りになりたい方は
来月9月6日(金)14時から開催される
店舗型ビジネス集客セミナー
====================
儲かる仕組みで「繁盛店」になる方法
http://bit.ly/heeze_seminar_130906
====================
にご参加いただければと思います。


なお、ご参加いただいた方には特典として、

経営者が作った事業計画を説明してもらい、
私が銀行員や投資家の立場で質問する
ロールプレイングのサービス

「プレファイナンス作戦会議」

を1回31,500円のところ、5,250円で
ご提供させていただきます。


私は銀座のママに集客のアイデアをご提供できませんが、

ママさんの作った
事業計画で資金調達できるかどうか

ついては、
いろいろと具体的なアドバイスをご提供できます(苦笑)。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

“ノウハウ”は貯めると腐る? [営業]

こんにちは、ヒーズ株式会社の岩井徹朗です。

ノウハウや情報は貯めると腐る」

私がこの5月から7月にかけて3ヵ月間
みっちりと教えていただいた遠藤晃先生が
繰り返しおっしゃっていた言葉です。


有言実行の遠藤先生らしく、
ご自身のノウハウを惜しげもなく、
無料の動画で公開されています。


「えっ、これを無料で公開しちゃうの!?」

なんとも太っ腹の対応です。
==================
年収3000万円突破する
オフラインプロダクトローンチの秘密
http://bit.ly/UZOT6I
==================


その第一部の内容は

「なぜ、あなたはお客から選ばれないのか?」

この内容、実は3ヵ月間にわたる遠藤塾で
最初にやるテーマで、一番大切なものです。


特に私のようなコンサルティングの仕事の場合、

目に見えないものが商品

であるため、お客様から

選ばれる理由

が明確でないと、契約までには至りません。


その「選ばれる理由」を作るために、
何をしたら良いかということが
動画で分かりやすく解説されています。


このノウハウ、
主に士業やコンサルタントの人向け
と思われるかもしれませんが、

実際には、

・他社と差別化しづらい商品やサービス

・高額の商品やサービス

を取り扱っておられる会社にも応用できるものです。


私自身も、遠藤先生の教えを受けてからは、
クライアント先の商品に対して

「こういう観点で取引先にセールスしてみては?」

というようなアドバイスができるようになりました。


価格競争やお願いセールスと決別するために
どうすれば良いか。

50分ちょっとの動画なので、
一度ご覧になることをお薦めします。
==================
年収3000万円突破する
オフラインプロダクトローンチの秘密
http://bit.ly/UZOT6I
==================

ちなみに10月4日までの期間限定公開なので、
お早めに。

私は2回見ました。

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

カトちゃんの「大人の事情」 [営業]

こんにちは、ヒーズ株式会社の岩井徹朗です。

風呂入ったか?」

「歯みがけよ!」

国民的な人気番組だった「8時だョ!全員集合」
のエンディング。

カトちゃんこと加藤茶さんが
ニコニコしながら毎週画面に向かって
話していたフレーズです。


番組を見ている全国の良い子に向けた
メッセージだと思っていたのですが、・・・。


番組のスポンサーの一つがライオン株式会社。

ハブラシや石鹸などで皆様よくご存知の会社です。


・・・つまり、
カトちゃんのメッセージは

スポンサーの販売戦略の一つ

だったという訳です。


そんな「大人の事情」はつゆ知らず、
純真な子供だった私は
「8時だョ!全員集合」を見終わってから、
風呂に入って、歯を磨き、寝ていました。


それにしても、この販売方法。

直接的な効果がどれだけあったのかは
分かりませんが、
================
さりげなく自社の商品に誘導する
================
という点で、なかなかスマートな戦略です。


一方、先日会社宛にかかってきた
某大手会社からの電話。

「当社は業界最大手で・・・」

「このサービスをこの価格で提供できるのは
 当社だけです!」

「あの有名なA社も当社がサポートしています!」

と矢継ぎばやのトークです。


ご本人は自信たっぷりにお話されている
ようなのですが、
私にはやや威圧的に聞こえます。


話が長くなりそうで、面倒だったので、

「電話だけではよく分からないので、
 資料があったら送って下さい」

と言うと、

「では、早速ホームページに載っている
 アドレス宛に送らせていただきます。
 詳しく説明させていただきたいので、
 1時過ぎには、またお電話させていただきます」


しばらくすると、早速メールが来たのですが、
開くと、宛先が、

ヒーズ株式会社 代表取締役 B様

と、見ず知らずの名前が!

勝手に代表取締役を解任されてしまいました(汗)。


どうも同じようにコンタクトしている
別の先の名前を書いてしまったようですが、
いろいろと電話では美辞麗句を並べる割には
情報管理の面など対応がややお粗末です。


そして、1時過ぎに電話があり、

「先ほどメールをお送りしたのですが、
 ご覧いただきましたか?」

と再び威圧的なトークが始まりそうだったので、

「Bさんってどなたですか?
 御社のサービスはやるつもりはありません」

ときっぱりお断りしました。


大人であれば、もう少しスマートな営業を
心がけたいですね。


ところで、昨年45歳年下の女性と再婚した
カトちゃん。

こちらの「大人の事情」については
ノーコメントです(笑)。

nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

そうだ京都へ行こう! [営業]

こんにちは、ヒーズ株式会社の岩井徹朗です。

先日家内が母親と京都へお墓参りに行きました。

京都駅で伯母と従姉妹と合流、
無事お墓参りを済ませた後、

「せっかく京都に来たのだから」

といって、タクシーに乗って某寺院へ。

私も昔一度だけ行ったことがある
有名な寺院です。


そこで、ちょっとしたひと悶着が
発生しました。

・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━━・

その寺院の拝観料は一般600円。

ただし、70歳以上は300円引きとの表示。

そして、家内の母親と伯母は
二人ともとうに70歳オーバーです。


そこで、二人は地元の自治体から
もらっている高齢者用のシルバーパスを
見せたところ、

窓口の人は、

「シルバーパスは自治体によって、
 支給年齢が違うのでダメです!」

とのご発言。


母の方は、たまたま、
国民健康保険証を持っていたので、
割引が適用になったのですが、

結局、80歳近い伯母は
パスしか持っていなかたっため、
割引不適用!


たしかに、
シルバーパスでは
正式な年齢確認はできないにしても、
年寄りがいつも保険証などを
携帯しているとは限りません。


そして、
自治体によって支給年齢が
違うという理屈も分かりますが、
伯母が持っていたのは大阪市支給のもの。

東京北海道の支給年齢は知らなくても、
京都であれば、ちょっと調べれば
大阪の対応ぐらいは分かりそうなものです。


しかし、
後ろに人が並んでいたこともあり、
あまり粘って交渉することもなく、
伯母は正規料金で入館したそうです。


いかにも杓子定規な対応であり、
世界的な観光地のやり方としては、
ちょっとお粗末という気もしますが、
皆様はどのように思われるでしょうか?

・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━━・

会社においても、
売上やお客さんを増やすために、

割引キャンペーン

を時々やります。


しかし、これもやり方を間違えると
逆効果になることも。


私がたまに行くお寿司屋さんも
月に1回〇〇の日として、
お寿司が半額で食べられる日があります。


しかし、その日に行った人の話を聞くと

「いつもと握る人が違った」

「ネタがあまり美味しくなかった」

とのことで、

その人はそのお店に行く頻度が
減ったそうです。


値段を下げて、評判まで落としては
元も子もありませんね。

・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━━・

ところで、先の寺院。

多くの仏像が並び、厳かな雰囲気
というイメージが残っているのですが、

家内の話によると、

お堂の中に、
お土産を売るような場所ができていて、

「ちょっと『えっ』という感じ」

だったとのこと。


最近はなかなか行く機会がないのですが、
今度京都へ行った時には、
ぜひその寺院に立ち寄って
自分の目でも確かめてみたいと思います。

資金繰り改善と売上アップを
 ダブルで手に入れるセミナー

 「『お金』が回る会社の作り方」

 の詳細&お申込は「こちら」をご覧下さい。

 →■URL : http://2od.biz/68anruLS

nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事
■メルマガ
口座残高に経営判断が影響されない安定した経営を実現するためのメルマガ「【UCF】超キャッシュフロー経営通信」の詳細は「こちら」 → http://bit.ly/heeze_ucfmaill
■ HP
成長支援部作り → http://www.basis01.com/
■ Facebookページ
社長の頭の中にしかないことは、言語化、数字化してこそ価値がある → https://www.facebook.com/heeze2006

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。