So-net無料ブログ作成
★根性論を脱し、PDCAサイクルを回して会社の持続的な成長につなげる手法は「こちら」をご覧下さい。
★中小企業のためのPDCA実践講座

浦島太郎伝説 [銀行]

こんにちは、岩井徹朗です。

子供の頃に読んだ童話「浦島太郎」。

やはり、地上に戻ってきた最後の場面が
印象的です。

ハッピー・エンドとは言えない微妙な
結末に、読み終わった後、子供心にも

 「あれれっ」

と思ったことを覚えています。



*****************************************************

ところで、銀行の中でも、時々

 「あの人は『浦島太郎』だからねえ・・・」

といった会話がなされることがあります。


銀行員は平均すると3年毎に職場が
変わります。

私の職歴を振返ってみても、銀行時代

 支店→支店→本社→支店→本社
 →海外→本社

と合計7つの部署を経験しました。


支店にいるときは取引先の企業と日々
接する仕事。皆様がよく知る一般的な
銀行員らしい業務です。

しかし、本社や海外では、銀行本来の
企業向け融資や営業をやる訳ではあり
ません。


本社の仕事の中には

 審査部

のように支店から回ってきた融資案件を
チェックする部署もあります。


しかし、

 総務部、人事部、経理部、秘書室

といったように一般の会社と同じように
管理部門の仕事をする部署や
 
 業務推進部、事務推進部

といったように支店や事務を統括する
部署があります。


また、

 証券部、市場金融部

といったように、普通は金融機関にしか
ない部署もあります。


そして、これらの部署に配属されると、
会社の方と丁々発止のやりとりをする
訳ではありません。


このため、どうしても支店(もしくは
審査部)から離れた期間が長くなると、

----------------------------------------------------
 会社と接する時の「勘」が鈍く
 なってしまう
----------------------------------------------------

のです。



私自身も最後に支店を経験した後、5年
以上は現場から離れていました。

このため、海外から戻って審査部に配属に
なった時、やり方が以前とはかなり変わって
いたので、最初はすごく戸惑いました。


本店や海外にいても、通達が回って
くるため、規程やマニュアルの変更が
あったことは知っていました。


しかし、本を読んで覚えた知識がすぐに
実践では役立たないように、単に知って
いるだけでダメ。

日々その知識を使って仕事をしていないと、
いざという時使えません。


そこで、本社経験や海外勤務の長い人が
何年かぶりに現場の支店に戻ってきた時、
ちょっと動きが遅かったり、トンチンカン
な質問をしたりしていると、

 「浦島太郎」

と呼ばれて秘かに揶揄されるのです(汗)。


中には、ずっと「浦島太郎」状態の人も
いましたが、大半の人は竜宮城へ行く前の
精悍な「浦島太郎」に戻ります。


業務になれてくると、だんだんと昔の
経験も思い出して、仕事のペースも
徐々に上がってきます。

しかし、現場の一線でバリバリやるには
やはりある程度の時間的な猶予が必要と
言えます。



*****************************************************

もし、御社の担当ラインの中で、

 「どうもこの人とはなかなか
  話が通じないなあ・・・」

と感じる人がいたら、機会を見つけて
さりげなくその方の職歴を聞いてみると、
案外簡単に理由が分ったりします。


もし、相手が「浦島太郎」状態だと以前より
時間がかかったり、余計な手間がかかったり
します。


本来銀行として人が替わることによって
サービス水準が変わることに

 「それってどうなの?」

と思われる経営者の方もいらっしゃる
かもしれませんね。


しかし、残念ながら、人によって多少の
違いが出るのは明らかな事実。


会社としては、あくまで

----------------------------------------------------
 銀行員が替れば、御社に対する
 スタンスも変わることがある
----------------------------------------------------

という前提で動く必要があります。


御社の大切な資金繰りに影響が出ない
よう注意したいですね。

貸す自由・貸さぬ自由 [銀行]

 「案件を許可することこともできるし、却下することもできる。」
 これは私が銀行の審査部にいた時代に審査歴数十年のベテラン次長から聞いた言葉です。

 当時、私は支店の決裁権限を越えた金額の融資案件や異例案件の審査をやっていましたが、その次長がおっしゃるには、仮に一定条件をクリアしていても、許可しようと思えばできるが、いろいろと問題点を指摘して許可しないこともできるということ。

 特に判断が難しい新規投資案件の場合、どんなに厳密に審査しても、会社の事業計画書通りに収益が上がり、最終的に貸したお金がきちんと返済されるというのは、実際に融資してみないと分かりません。
 将来の結果はまさに神のみぞ知るということであり、同じような案件が通る場合もあれば、通らないことも十分ありうるのです。

 銀行と良い関係を築くことは事業を発展させていく上で非常に大切なことの一つです。しかし、過度に期待し過ぎてはいけません。

 銀行はお金を貸すことが主な業務ですが、一企業である以上、貸す自由もあれば、貸さぬ自由もあります。会社にとってその銀行はonly oneかもしれませんが、銀行にとって会社はone of themであるという事実は常に頭の片隅に置いておく必要があると考えています。

お金がきちんと回る世の中を作ります。


タグ:銀行 融資 審査

銀行のつれない対応 [銀行]

法人の資金運用の件で銀行に行ったが、どうも最近の銀行は法人の資金運用の相談には興味がないらしい。
一つ目の銀行は法人の場合は、支店ではなく、法人担当の者が対応するとの回答でパンフレットすらくれなかった。
二つ目の銀行はいろいろと根掘り、葉掘り聞かれたが、結局運用商品としてあるのは定期預金だけとの回答だった。
いずれの銀行にも普通預金口座を持っているが、借入をしていないので、特段担当者の人がついている訳ではない。別にお金を貸してほしいと言っているのではなく、〇〇円ぐらいを運用するのには何がお勧めかを聞きたかっただけなのだが、どちらもつれない対応であった。
特に二つ目の銀行にとっては、他行に置いてあるお金を預け替えるチャンスだったと思うのだが、そんなことにはどうでも良いことなのだろうか。
その点、二つ目の銀行の支店の中にあった証券会社の人はいろいろと親切かつ丁寧に商品の説明をしてくれて、大いに参考になった。
リスクを回避するのは良いけれど、あまり行き過ぎると顧客まで失ってしまうように思うが、大銀行にとっては余計なお世話かも。

借り手の態度 [銀行]

数年前にある国際的な金融機関を訪問した際、印象に残ったことの一つが借り手側の態度だ。
日本の場合、銀行などからお金を借りる際、借り手はどうしても下手に出てしまうことが多いが、その金融機関では借り手もすごく堂々とした対応をしていたのだ。お金の貸し借りも一つの商取引であり、契約に基づいて条件を決めることで成り立つ。そこに持つ者と持たざる者との違いはあるにせよ、上下関係はないという理屈らしい。
金融市場の混乱により、資金調達において銀行の役割が再びクローズアップされている。日本では、借り手が銀行と対等に渡り合っていくのは難しいのが現状だ。

郵便局 [銀行]

自宅と会社の近くの郵便局を時々利用するが、どちらも職員の方が明るく、対応も親切だ。
ATMの数が少ない、時間帯によっては結構待たされるという点はあるものの、銀行に行った時に感じる「何しにきたんじゃー」という雰囲気がなく、アットホームな空気が漂っている。
これは郵政民営化になる前からのことで、たまたま良い郵便局にあたっただけなのかもしれないが、郵政の経営形態がどうなろうと、この良き伝統は続いてほしいと思う。

■メルマガ
口座残高に経営判断が影響されない安定した経営を実現するためのメルマガ「【UCF】超キャッシュフロー経営通信」の詳細は「こちら」 → http://bit.ly/heeze_ucfmaill
■ HP
成長支援部作り → http://www.basis01.com/
■ Facebookページ
社長の頭の中にしかないことは、言語化、数字化してこそ価値がある → https://www.facebook.com/heeze2006

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。